トップページ / ホーチミンの不動産売買

アオザイハウジングは、ベトナムホーチミンの不動産売買・管理の相談会を随時行っております。

購入をご検討されている方には、現段階での購入後の税制、銀行口座、お手続き、今投資すべき物件、注意点、購入後の賃貸管理と運営などまで、現地で活動している弊社ならではのお話をしております。

弊社は賃貸仲介実績ホーチミン最大級で、購入後の募集や管理にも強い不動産会社です。

お気軽にご相談ください。

 

 

ベトナムで外国人の不動産購入が開れたのはわずか4年前。

ベトナムホーチミンの不動産を購入される日本人も増えてきております。

 

ホーチミンは昔の日本でいう昭和30年代、40年代前半と言われている時期です。

人口は、すでに1000万人の手前まできており、若い人がほとんどで活気がものすごい街です。

 

外資の大きな投資が年々増加しており、現在地下鉄の建設が行われている最中。

更に大きく魅力的な街になっていきます。

 

そんな中、将来の東京でいう城西エリアや城南エリアになろう新都心へ好アクセスできるエリア、すでにニュータウンとして人気のエリアに物件を販売しているタイミングとなっております。

 

このエリアの借りては年々増えている日本人駐在員を含む外国人がほとんどです。

賃料相場はすでに日本円で10万円~25万円となっており、年々上昇傾向が強くなっております。

 

そしてこのエリアでまだ1400万円~3500万円のご予算で新築物件のご紹介が可能な時期となっています。

また未完成物件の売買、中古物件の売買も行っております。

 

アオザイハウジングでは安心のご提供の為に、日本人コンサルタント(宅地建物取引士)、ベトナム不動産資格者、弁護士、会計資格者で売買・管理サービスにものぞんでおります。

現地で長く不動産業を行ってきた実務経験に裏づけされた確かなアドバイス、サポートをご提供しております。

 

担当:正木雄太

 

 

 

 

リッチレーンは大変お勧め物件となっております。

高級物件でプライベート性が高い設計、建物の品質やベトナム初のペアガラス採用など仕様が良いこと、賃貸に出した際に人気があることはすでに認知されております。

 

そして完成している為購入後から完成まで4年前後待つことなく、すぐに貸し出しすることができます。

 

2019年7月最終販売販売促進キャンペーンを開始しました!

是非ホーチミンで購入を考えられている方は、良いお部屋があるうちに是非ご内覧下さい!


キャンペーン内容
①2年間管理費無料です。

②2つのお支払いプラン

分割払い:購入時に販売価格の30%、残金は3年間の分割払い

一括払い:販売価格から8%の特別割引

未完成物件を購入した際のように3年~4年間貸し出せないということがなく、すぐの貸し出しが可能なのは大変魅力です。

これにより販売価格の30%の費用で契約でき、残りを賃料収入を得ながらのお支払いでの購入可能になりました!

また一括お支払いの場合には特別割引がございます!

間取りは1LDK~3LDK。
賃貸仲介実績も豊富な物件です。

ホーチミンで購入をご検討されている方は是非良い部屋がなくなる前にご内覧下さい。

 

 

RICHLANE(リッチレーン)は、7区の商業施設と住居施設の複合開発しているビボシティエリアに建つ高級コンドミニアムです。

開発者は世界で展開してるシンガポール系不動産会社の「メープルツリー社」による、100%出資会社である「SAIGON SOUTH SERVICED APARTMENTS CO.LTD」です。

 

7区は、ホーチミン市の中心地とは異なり、閑静な新興住宅街です。

また、日本人学校、台湾人学校、サイゴンサウスインターナショナルと言った有名な学校がある文教エリアです。

各国の駐在員にも人気で、日本人のファミリー層にも人気が高いエリアの1つとなっております。

 

7区から2区新都心方面への橋を増やしており、新空港への高速道路整備が進められていることから、さらにアクセス面が良くなり、今後も人気が続くエリアです。

 

このエリアは今後も賃料上昇が見込まれ、利便性が高いリッチレーンは、長期間賃料収入を得ることを期待できる物件と言えます。

 

内装も仕上げがっている物件となっており、家具付きですぐ賃貸にお出しできるお部屋も戸数限定ではございますがご用意があります。

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談ください。

 

正木雄太

ベトナムホーチミン2区のハノイハイウェイ沿いに新築が販売です。

8月に販売予定です。

 

地下鉄1号線のベンタイン駅から7番目の「アンフー駅」付近に位置し、ドンナイやビンズン方面の工業団地にも出やすく、1区の中心地にも7区のフーミーフンにも車で20分程度ですので、借り手の需要が高いと思える立地です。

投資会社は、ホーチミンで多くのコンドミニアムを手がける「Thao Dien Investment」で、建設会社は2017年の信頼性の高いゼネコントップ10に入っており、実質ベトナムNo.1の「coteccons(コテコン)」です。

全部で4棟からなる建物で、3棟が48階建て、1棟が36階建てとなっております。

居住のタイプは1~4LDK(約50~100㎡予定)とシングル様、ディンクス様、ファミリー様と幅広い方へのご希望に対応可能かと思います。他にも、デュプレックス(お部屋の中に階段があるタイプ)やペントハウスにショップハウス(テナント)も造られる予定です。

完成予定時期は2021年ですので、2020年完成予定の地下鉄が運行していれば、電車の利用も可能となるかもしれません。

気になる建物の共用施設も非常に充実で、広い屋外プール、ジャグジー、屋内ジム、テニスコート、子供が遊べるパーク、BBQスペースとビジネスでもフレンドでもファミリーでも楽しめる要素が満載。

 

販売予定平均単価は、50,000,000~60,000,000VND(2,200~2,600USD)となるようです。

仮に1LDKが50㎡であれば2,500,000,000~3,000,000,000VND(110,000~130,000USD)ですので、日本円にすれば、1,500以下で購入出来る予定となっております。

 

外国人が購入するには全販売個数の30%ですので、購入には数に限りがございます。

近年、中国・韓国・シンガポールの隣国の投資家がかなり購入しており、日本人のお客様からお問い合わせを頂戴したときには、すでに外国人枠が完売しているなんて事も聞きます。

 

まだ抽選参加予約可能です。

 

ホーチミンで不動産の事ならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談ください。

 

投稿者:正木雄太

8区のシンボル!!

川沿いに建てられたA~Cの地上22階建て、3棟のコンドミニアムとそれを繋ぐ屋上庭園が非常に特徴的で、これらから8区のシンボル的なコンドミニアムになると思われます!!

事業を手がけたのは日系企業の「三菱商事」とベトナム企業の「Phuc Khang(フッカン)」が共同事業として出資をし、建設はベトナム大手の「Cotecons(コテコン)」が行ったビッグプロジェクトです!!

建物全体に緑が生い茂ったエコをテーマにした、グリーンアパートメントへの挑戦もベトナムでは画期的で、アメリカの基準をクリアした未来の建物になっていきます!!

総戸数760戸。

施設は屋外プールに屋内ジム、下階層の2フロアには飲食店などの店舗、屋上庭園では朝日や夕日を浴びながらヨガなども出来るエリアなど、ベトナムの一日の始まりと終わりをじっくり感じる事の出来る住まいとなっております!

利便性の良さとこれからの地!

8区は、日本人のコミュニティでも話題にあまり出てこないエリアですが、1区・3区・4区・5区・7区などへも移動がしやすく利便性の高い立地となっております!!

車で15分も走れば、7区の大きなショッピングモールや映画館にも行けますし、4区のフードストリートにも、普段の勤務先になるかもしれない1区や3区、中華料理が食べたくなったら5区へ!と用途に合わせて常に身近な土地へ移動してホーチミンを堪能出来ます!

ホーチミン市内は中心地から開発が始まっており、このような交通便が良い場所でも開発がこれからとなっております。

その分将来性もとても楽しみな物件と言えます。
 


近隣の街並みは下町感を感じつつも、日本の昔の商店街のような個人商店の方々の活気に溢れていますが、現在は、ベトナム人向けの分譲戸建てが現在大変人気なエリアでもあります。

10年先の未来、今購入しておくと大きく変化する可能性があるエリアの1つです。

お気軽にご相談ください。

 

   
 「概要」   
 物件名   ダイヤモンドロータスリバーサイド(Diamond Lotus Riverside ) 
 種別   コンドミニアム 
 所在地   49C Lê Quang Kim, Phường 8, Quận 8, Hồ Chí Minh,Viet nam 
 販売住戸   1戸 
 間取り   1LDK 49.76㎡ 
 販売価格   13,5000$ 
 階数   20階 
 物件完成予定   2019年11月竣工予定 

建築中のサンワパール1LDK売却物件のご紹介です。

サンワパールは、2020年完成予定で、1区のベットタウンであるビンタン区に建築されています。

 

サイゴンパールの隣接地、将来の経済の中心2区への橋のすぐ近くに建設されており、将来性も抜群の物件となっております。

今まで建築中に売却物件が出ることも少なかく、中心地の着工がほとんどない為、とても希少物件と言えます。

 

お気軽にご相談ください。

 

【概要】

物件名 サンワパール(SUNWAH PEARL )
種別 コンドミニアム
所在地 90 Nguyễn Hữu Cảnh, Phường 22, Bình Thạnh, Hồ Chí Minh
販売住戸 1戸
間取り 1LDK 
販売価格 185,000$
階数 20階
物件完成予定 2020年12月予定
想定賃料 900$~1,100$

4区に行かれたことはありますでしょうか。

以前は1区の隣の区で交通便は非常に良いものの開発が遅れたエリアでした。

 

しかし現在非常に早いスピードで発展しております。

トレゾールが着工した時と現在では大きく周辺環境が変わり、現在は1区中心地まで車で約5分の立地で、目の前の橋を歩いて渡れば徒歩5分で1区は行けてしまえる場所になりました。

販売価格は186,000$の2ベット64㎡。

ホーチミンを代表するオフィスビル「ヴィテスコフィナンシャルタワー」から近いトレゾールは、今後更に賃貸需要も高まるエリアの物件となっております。

エントランス

 

エントランス

 

ジム

 

「概要」

物件名 トレゾール(The Tresor )
種別 コンドミニアム
所在地 39-39B Bến Vân Đồn, Phường 12, Quận 4, Hồ Chí Minh
販売住戸 1戸
間取り 2LDK
販売価格 186,000$
階数 30階
物件完成予定 2017年竣工
想定賃料 900$~1,100$

 

ビンホームズゴールデンリバーは、1区に建築されたコンドミニアムです。

日本人街レタントン通りに徒歩圏で、オフィス街への通勤が大変しやすい場所です。

 

敷地の約65%が公園や緑となっており、生活環境に配慮したプロジェクトです。

各棟にはラウンジ、ジム、プールがあり、バーベキュースペース、テニスコート、コンビニやカフェもオープンしております。

 

 

オーナー様に代わり管理、運営を行わせて頂いております。

ホーチミンにいらっしゃらないオーナー様もご安心下さい。

【オーナー様への管理サービス提供事例】
■空室時の鍵の管理
■賃貸募集、ご案内時の部屋の鍵開け
■契約書、デポジット、前家賃請求書作成
■引渡し前の簡易清掃
■引渡し時の水道、電気メーター、備品の借主との確認立会い
■公安滞在登録
■賃料請求書の作成(入居者の希望による)
■賃料の督促
■賃料収入の納税
■エアコンの掃除、設備の不具合時の窓口、修理手配
■退去時の水道、電気メーター、備品、その他未清算サービスの借主との確認立会い、鍵の備品の返却

※最近のホーチミンでは、お部屋を借りる際に借主が法人での希望も増えております。
借主が法人様になった場合には、借主に賃料を納税した証明書のコピーの提供が必須となります。
弊社では会計資格者や実務経験豊富なスタッフが、管理の委託を頂いたオーナー様の納税サポートも行っており、募集できる借主の幅を広げるお手伝いをしております。

 

アオザイハウジングの賃貸仲介サービスの強み

ハイクラスアパートも豊富な実績がございます。

【借りたい方へのサービス】
経験豊富な弁護士・会計資格者・宅地建物取引士など資格者と日本人コンサルタントでサービス提供
賃貸仲介でも安心と信頼の接客を心掛けており、借主(法人、個人)のリピーターが多いのも弊社の特徴です。
■日本語でのサービス提供
■契約書の法的・税務的なチェック
■引渡し時の備品確認が丁寧(水道、電気メーターまで確認)
■希望者には賃料請求書を作成
■手厚い入居後フォロー(不具合が合った際の窓口も日本人対応)
■退去時がスムーズ(保証金返却、鍵返却の段取り)

借主の仲介手数料が無料
またホーチミンの日本人が対応している仲介会社には、仲介手数料をオーナー様と借主の両方から頂いている会社とオーナー様からだけ頂いて運営している会社があります。
弊社では、借りられるお客様からは仲介手数料を頂かない形態で営業しており、賃貸募集の際に強みとしています。


 

不動産の購入もアオザイハウジングへ!

この記事を書いた人:正木雄太

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。
インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。

 

 

ミッドタウンプロジェクトは、野村不動産、大和ハウス、住友林業という日本の大手不動産会社が

ホーチミン市7区フーミーフンに投資する2000戸超のビッグプロジェクトです。

2019年~2020年にかけて竣工していきます。

 

プロジェクトの緑地面積が45%と緑が多いのが特徴の1つです。

その中でもプロジェクトの顔の1つであるサクラパークは、

600メートル以上の長い公園で、1年を通して華やかな植物があるように設計されています。

 

充実の共有施設

 

エントランス

 

エントランス内

 

エントランス内

 

プール

 

ラウンジ

 

ジム

 

キッズルーム

 

 

 

 

 

オーナー様に代わり管理、運営を行わせて頂いております。

ホーチミンにいらっしゃらないオーナー様もご安心下さい。

【オーナー様への管理サービス提供事例】
■空室時の鍵の管理
■賃貸募集、ご案内時の部屋の鍵開け
■契約書、デポジット、前家賃請求書作成
■引渡し前の簡易清掃
■引渡し時の水道、電気メーター、備品の借主との確認立会い
■公安滞在登録
■賃料請求書の作成(入居者の希望による)
■賃料の督促
■賃料収入の納税
■エアコンの掃除、設備の不具合時の窓口、修理手配
■退去時の水道、電気メーター、備品、その他未清算サービスの借主との確認立会い、鍵の備品の返却

※最近のホーチミンでは、お部屋を借りる際に借主が法人での希望も増えております。
借主が法人様になった場合には、借主に賃料を納税した証明書のコピーの提供が必須となります。
弊社では会計資格者や実務経験豊富なスタッフが、管理の委託を頂いたオーナー様の納税サポートも行っており、募集できる借主の幅を広げるお手伝いをしております。

 

アオザイハウジングの賃貸仲介サービスの強み

ハイクラスアパートも豊富な実績がございます。

【借りたい方へのサービス】
経験豊富な弁護士・会計資格者・宅地建物取引士など資格者と日本人コンサルタントでサービス提供
賃貸仲介でも安心と信頼の接客を心掛けており、借主(法人、個人)のリピーターが多いのも弊社の特徴です。
■日本語でのサービス提供
■契約書の法的・税務的なチェック
■引渡し時の備品確認が丁寧(水道、電気メーターまで確認)
■希望者には賃料請求書を作成
■手厚い入居後フォロー(不具合が合った際の窓口も日本人対応)
■退去時がスムーズ(保証金返却、鍵返却の段取り)

借主の仲介手数料が無料
またホーチミンの日本人が対応している仲介会社には、仲介手数料をオーナー様と借主の両方から頂いている会社とオーナー様からだけ頂いて運営している会社があります。
弊社では、借りられるお客様からは仲介手数料を頂かない形態で営業しており、賃貸募集の際に強みとしています。


 

不動産の購入もアオザイハウジングへ!

この記事を書いた人:正木雄太

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。


インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。

敷地のゲートを抜けるとベトナムの喧騒から一気に解放された、リゾート地のようなゆっくりとした時間が流れるハイクラスのコンドミニアムになっております!!

 

居住者は日本人はもちろんのこと、欧米人が多いように感じますね。

 

 

場所はビンタン区にあり、1区の日本人街と呼ばれるレタントンから車で10分弱の立地ですので、1区や3区への通勤が便利な事と、ビンズン工業団地までは車で1時間弱にドンナイ工業団地までは車で1時間強ほどですので、工業団地への通勤の方は朝が早いですが移動の車の中で食事をされたり仮眠をとられたりされる方が多いと聞いております。

 

ファミリー様やディンクス様でのお住まいが多く、敷地内では幅広い年代のディンクス様がゆっくりとお過ごしになられていたり、小さいお子様がプールで楽しんでいらっしゃいますね。

 

こちらの物件には日本人学校のバスも止まりますので、日本人の方が多くお住まいになっている事にもつながります!

 

 

お写真左から「Avenue」「Boulevard」の3棟が先に完成した旧棟と呼ばれ、「Promenade」「Crescent」の3棟が後に完成した新棟と呼ばれており、全部で6棟が建設されており、近隣に高い建物がございませんので、上階は非常に絶景となっております!

 

共有の施設は「屋外プール」「屋内ジム」「レストラン」「クリーニング」「コンビニ」などがあり、スーパーはございませんが、近隣にはローカルレストランも日本食レストランもございます!!

 

各お部屋の広さもゆったりとしており「1LDKが60~72㎡」「2LDKが100~138㎡」「3LDKが120~158㎡」と、日本と比較しますとリビングも各ベッドルームも非常に広い造りとなっております。

 

 

不動産の売買もですが、弊社は不動産賃貸や管理にも強い不動産会社でございます!!

 

少し前にT3とT4の新棟も完成し、下層階にあるショッピングモールの「Estella Place(エステラプレイス)」も入っていることから人気が高まっている「Estella Heights(エステラハイツ)」について書いてみます。

 

場所はハノイハイウェイ沿いに建ち、1区中心地まで車で約20分、ビンズンやドンナイの工業団地までは約1時間前後になってくる位置にございます。

 

 

こちらの物件を賃貸募集した際のセールスポイントとしましては共用施設が充実があります。

屋外の大きなプールが2つに、BBQエリアと、屋内スポーツジム、キッズエリアやハーフバスケットコート、テニスコートまでございます!

 

 

そして上記共用施設と合わせて人気の、新棟T3とT4の下層階に出来た「Estella Place(エステラプレイス)」は、グランドフロアと直結しておりますので、雨の日でも濡れることなくお買い物をすることが出来ます!

 

飲食店、スーパー、カフェ、衣類のショップなど様々な店舗が入り、晴れの日でも雨の日でも飽きることなく、施設の中でお過ごし頂けます!

 

ホーチミン最大戸数と広大な敷地面積を誇る「Vinhomes Central Park(ビンホームズセントラルパーク)」は、今でもお客様からのご相談件数がトップの人気を得ています!!

 

総戸数が「10,000戸」とコンドミニアムでは、ずば抜けて戸数が多く、アジア人も欧米人も各国様々な人種の方がお住まいになっておりますのと、敷地が広大すぎて一つの街ぐらいございますので、まるでリトルワールドのようです。

 

 

コンドミニアムは「Central」が3棟に「Park」が7棟、「Landmark」が6棟と「Landmark Plus」が1棟、そしてベトナム最高層となる高さ461.3mで地上81階建て「Landmark 81」の、全18棟がございます!!

 

敷地内には「病院」や「学校」もあり、各棟には居住者専用の「プール」や「ジム」があり日々のヘルスマネジメントが可能となっております!

 

各棟のグランドフロアには、「飲食店」や「カフェ」はもちろんのこと「クリーニング」や「銀行」などがございます。

 

ベトナム最高層の「Landmark 81」には日々の生活に必要な「スーパー」や「飲食店」だけでなく、「ブランドショップ」に「車のディーラー」や「映画館」、「スケート場」や「オフィス」と「ホテル」もございますので、ホーチミンへの旅行者も楽しむことが可能となっております!!

 

 

人気の理由は広大な敷地やコミュニティ、商業施設だけでなく1区中心地まで車で10~15分ぐらいで移動可能な「立地」も嬉しいですね。

 

総戸数も多いことから、ビンズンやドンナイの工業団地に勤務されている方などは、全員がそれぞれお部屋を借りて、毎朝乗り合いの車が来る場所にされる事もございます。

 

間取りが1~4LDKと幅広くございますので、シングル様もディンクス様もファミリー様も快適にお過ごし頂く事が可能で、お部屋の広さの目安としては「1LDKが約50㎡」、「2LDKが約70㎡」、「3LDKが約110㎡」、「4LDKが約140㎡」ですが、棟や部屋の向きによってお部屋の広さにはある程度「幅」がございます。

 

 

インフレーションとは経済学においてモノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価が、ある期間において持続的に上昇する経済現象を表す英語由来の外来語。日本語では通貨膨張と訳す。

 

ベトナムでのインフレ率は「2016年が2.67」「2017年が3.52」「2018年が3.80」と2%~5%の間で上昇傾向にあります。

日本でのインフレ率は「2016年-0.11」「2017年は0.47」「2018年は1.20」と過去十年2%を上回った事はなく、マイナスもしくは0%の状態が続いております。

※上記の数値は、IMF(国際通貨基金)による2018年10月の数値となります。

上記の数値が2%以下は経済が低迷してしており、発展性が低いと評価され、2%~5%は経済が非常に緩やかに成長しており、とても良い状態だと言われています。

 

ベトナムでは2015年の外国人への不動産販売が解禁された以降、非常に良い経済成長をしています。

インフレは物が売れやすくなり景気が良くなっている事になります。

また、物の価値が上がること事に反比例して紙幣の価値が下がります。

よって国内の人は、現金を保有するより投資に回して資産を増やしていきます。

 

日本でのインフレ率もこの3年にわずかな上昇は見られますが、十年以上2%を上回った事はなく経済成長の見込みは非常に希薄なものとなっております。

デフレになれば物の価値が下がり紙幣の価値が上がりますが、数十年0%からプラスマイナス1%ぐらいの変動ですので、経済成長としての変化は少ないです。

 

IFMの2018年の加盟国は全部で189ヵ国で、2017年より1ヵ国減っております。

IMFが2017年に発表したインフレ率の世界ランキングでは日本の174位に対して、ベトナムは77位と中間層の上位に位置しております。

世界でも中心的な話題になりやすいアメリカは105位と、インフレ率2%以上をキープしながら安定的な経済成長を継続しております。

 

日本での低迷経済は一般家庭の日々の生活にも影響しておりますので、いかに資産を増やしたらよいのか様々な投資の本が販売されております。

株・FXも多く、少し前からは仮想通貨も話題になっておりました。

そのなかでも不動産投資は、商品として実際に所有し使用することが出来ることや、人や物の動きや変化から他の投資に比べると堅実性が高く判断材料が多いと言われております。

某ハンバーガーチェーンも、ハンバーガーではなく不動産投資で会社の基盤を作った話は有名ですし、日本の企業でも稼いだ利益を現金で保有するだけでなく、ビルを建ててテナント貸しをして賃料収入として利益を出して稼いでいるところは不動産系企業以外にも沢山ございます。

 

ベトナムは親日家が非常に多く、とくにホーチミンの街中では日本語を話せる人が多いように感じます。

これは日本人が居住するうえで非常にメリットになります。

さらに不動産の投資先の国としても、これからの成長が期待出来ますので、賃貸収入として長期保有でも良いですし、売却利益として短期的な戦略も狙えるところになります。

 

ただ、ベトナムでの不動産投資は2015年に外国人へ購入が解禁されたばかりですので、需要過多のインフレ状態です。

日本人だけでなく、他国の方々が販売されるたびに「即断即決」でまとめ買いをしていきますので、購入出来る権利を勝ち取る事がまずは重要かもしれませんね。

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談ください。

投稿者:正木雄太

購入の大まかな流れ

①まずはご希望と合わせてお気軽にご相談ください。

弊社ではメール、電話、直接事務所でのご相談を常時承っております。

相談会では、現段階での購入後の税制、銀行口座、お手続き、今投資すべき物件、注意点、落とし穴などまでお話させて頂いております。

 

②お打ち合わせにそった物件の内覧とお部屋選定を行います。

また銀行口座の準備を行います。

こちらの口座は日本からの投資金額の証明、物件購入費用の証明、ホーチミンで得た賃料収入の証明をする専用口座にします。

その為先にお作りすることをおすすめしています。

 

③内覧や選定を行い物件が決まりましたら、購入申込のお手続きとなります。

書類へのサインと申し込み金のお支払いと契約と手付金のお支払いの段取りとなります。

契約書は海外では不動産の売買契約書をSPA(Sales and Purchase Agreement)と言い、デベロッパーが用意しており、契約時に物件価格の10~15%程度の手付金のお支払いとなっております。

 

④次は引き渡しまでの残金の支払い方法になります。

支払方法も物件ごとに異なりますが、多く分けて3パターンが多くなっております。

一つは完成までの期間を6~10回ぐらいに分けて総額の95%をお支払いするパターン

二つ目は、初回に半分(50%)ほど支払い、完成までの期間の中間ぐらいで総額の5%を残して(45%)支払うパターン

三つ目は、初回に95%を支払うパターン

※どのパターンも概ね引渡し時に残金5%の支払いとなります。

建設中は工事の進捗具合をご連絡いたします。

 

⑤物件が完成しますとお引き渡し手続きとなります。

お部屋を点検し問題がなければお引き渡しの書類にサインを致します。

そして残り5%を支払うとお部屋のカギを引き渡されます。

※お金の支払い方法や銀行の手続きなどは、また別の記事で書いていければと考えております。

 

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談ください。

 

投稿者:正木雄太

結論、日本とベトナムでのお金の送金は可能です。

ベトナムで自分名義の銀行口座を開設すれば、日本からベトナムもベトナムから日本へも各口座へ送金が可能です。

また、海外への送金の場合は、送金依頼をしたらすぐ確認出来るものではございません。

おおよそですが、2~3日ほどかかります。

なぜそんなにかかるかと申しますと、大きな理由は2つです。

 

一つ目は日本の銀行から海外にお金を送金する時は、大抵第三国を経由することが多いです。

それは送る側の銀行なのか受け取る側の銀行なのかは、銀行の担当者でも知らされていないようです。

ですので、仮に日本からベトナムの自分の口座に送金したとしても、他の第三国(欧米なのかアジアなのか、どこの国を通るかは不明)を経由してからベトナムに送金されます。

二つ目は、銀行のデータには届いているけど、口座には入金されていないという状況です。

これもかなり驚きです。

自分のベトナム口座の番号を指定して振込みをしているのに、日本の自分の銀行口座から送金された情報が、ベトナムの指定銀行の支店には届いているのに自分の口座に着金されるまでにタイムラグがございます。

 

次に手数料ですが、送金する金額によってパーセンテージが異なるようです。

また、送金手数料の総額は送金前には明確にならないそうです。

 

理由はレートは毎日毎時間で異なりますので、常に一律ではないと言うことです。

日本国内であれば、原則100円は100円として使えますが、1ドルは100円になることもあれば80円や120円になることもありますよね。

毎年・毎月・毎日・毎時間為替は変動しますので、送金手数料も送る時でないと明確になりません。

 

当然と思う方もいらっしゃれば、初めて知った方もいらっしゃるかと思います。

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談ください。

投稿者:正木雄太

日本でも良く聞く新築と中古どちらが良いのか?

これはベトナムホーチミンでも良く聞かれるご質問です。

ですが、質問が同じでも国が違うとお答えさせて頂く回答の論点が全く異なります。

 

ベトナムの新築の場合、プロジェクト総戸数の30%までしか外国人は購入することが出来ません。

一つのプロジェクトが総戸数100戸であれば、そのうちの30戸を外国人が奪い合いをする形になります。

ベトナム人以外の外国人が、一斉に申し込みをしますので、抽選になる事も日常茶飯事でございます。

日本のように誰でも購入出来る訳ではなく、戸数制限という門を突破する必要がございます。

 

一方、中古の売買につきましては、売りたい方を常に募集している状況でございます。

中古物件の良さは、好立地の物件があるということです。

今の日本と事情が違うのが、中心地ではなく住宅地になってくると街が開発途上ということです。

新築工事の着工時には、物件だけでなく周辺に何もないこともあり、将来ショッピングセンターやお店ができる予定ということが珍しくありません。

周辺環境が整っていない分、販売価格が安いと言えます。

中古物件は新築時よりも割高になるものの、その代わり建物や周辺環境の確認、開発の進捗状況を確認することができ、好立地かどうかの判断ができると言えます。

 

普段お問い合わせを頂戴しておりますお客様は新築半分、中古半分といった具合ですので、中古につきましてはお売りになられたい方が出てこられたタイミングでお声がけをさせて頂いております。

購入後に売られる方は大きく分けて3パターンかと存じます。

・購入後完成前に販売する方(実際に未完成での販売後、完成までに二転三転と所有者が異なる事はございます。)

・購入し完成時に全ての支払い後、販売される方(支払方法が数パターンあるからかと存じます。)

・賃借人がいる状態(オーナーチェンジ)で販売される方。

 

今日、居住用としてお考えの方も投資用としてお考えの方も、半分半分といったところでございます。

中には、現在お持ちの現金を眠らせるだけでは勿体ないとし、購入後一旦は貸し出して、いずれ自分が居住しようと考えておられる方もいらっしゃいます。

 

ベトナムの賃貸は、更新を前提とした普通借家契約ではなく、原則1年で終了の定期借家契約となります。

自動更新では無く、契約終了の30日~60日前に、賃貸人も賃借人も双方に再契約をするかしないかの意思決定が出来ます。

日本では1度貸してしまうと賃借人にご退去頂くことが大変とのお声を聞きますが、ベトナムでは貸主の権利も強くなっております。

 

次の住まいや投資、ベトナムホーチミンを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。

 

投稿者:正木雄太

ベトナムのとくにホーチミンでは地震が少ない。

自然現象なので確実なことは言えませんが、過去の事例と仮説でおおまかにご説明いたします。

 

地球上には大きく分けて14~15のプレートがございます。

さらに細かく分けると40ほどのプレートがあるそうです。

プレートは各々固有の運動を行い常に対流している為、各プレートの境界部では摩擦や歪みが蓄積され、蓄積された歪みが爆発的に反動する事で地殻変動が起こるとされています。

地震(地殻変動)の発生についても、プレートテクトニクス(プレート理論)が論理的に照明できるとされています。

 

日本の気象庁が発表している「地震発生のしくみ」でも説明しておりますが、地震の発生場所は主に各プレートの境界部が震源である事が多いとしております。

もちろん全ての地震がプレート境界部で発生している訳ではございませんが、世界中の過去の地震発生場所と見ると、地震が発生した場所と発生していない場所がはっきり分かれます。

地震が沢山発生している場所は、各プレートの境界部が多いのも事実です。

 

話を最初に戻します。

なぜベトナムのホーチミンは地震が少ないかと言いますと、図の地図を見ていただければわかるとおり、ベトナムは「ユーラシアプレート」の上にあり、近隣の「インド・オーストリアプレート」と「フィリピン海プレート」とも非常に距離があります。

ハノイは上記の「ユーラシアプレート」と「インド・オーストラリアプレート」との境界部が近いため、地震の余波による影響を大きく受けるようです。

 

日本は「ユーラシアプレート」「北米プレート」「太平洋プレート」「フィリピン海プレート」の境界部が列島部や付近にあることもあり、地震大国となっているのかと存じます。

ベトナムホーチミンが移住先に選ばれる理由も納得出来ます。

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。

投稿者:正木雄太

日本では「四季」という「春」「夏」「秋」「冬」の素敵な4つの異なる季節がございます。

普段の街並みも季節によって表情が様々で素敵だと思います。

その反面、1年間に気温も湿度も変化する事で、寒暖差アレルギーや熱中症などに体が対応できずに崩してしまう人が増えております。

穏やかな季節である「春」と「秋」は本来3ヶ月単位で変わるはずが、体感では1ヶ月ぐらいに感じられる方も多いかと思います。

 

日本の芸能人も東南アジアに家を所有し、日本と往復している事も最近のメディアでよく見かけます。

個人的は見解は気候ではないかと考えます。

 

気象庁による東京の2018年の気温は7月が最も暑く「最高39.0」と「最低25.0」で、1月が最も寒く「最高6.0」と「最低-4.0」となっております。

約40度の灼熱とマイナスの極寒と考えますと1年の月日はあるにしても、非常に激しい高低差と感じる事が出来ます。

一方ベトナムホーチミンでは、4月が最も暑く「最高34.6」と「最低25.8」で、12月が最も暖かく「最高30.8」と「最低21.4」ですが、年間を通して最高気温の差も最低気温の差も4~5度程度で、年間平均気温は「28.0」となっております。

1年間の気温が安定的に暖かく、非常に過ごしやすい環境と言えます。

 

ホーチミンで生活していますと、日本の「夏」の服装をしている方が非常に多いです。

また乾燥しているからなのか、外を歩いていても日本の夏のように汗びっしょりになる事がございません。(個人差はございます。)

 

事実、年間を通して居住されていらっしゃる方もいれば、日本が寒くなる時期だけ居住されていらっしゃる方もおられます。

すでにベトナムで考えている方も、東南アジアのどこにするか検討している方も是非一度ホーチミンへ起こし下さい。

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。

投稿者:正木雄太

「海外不動産」とネットで調べると国や手続き、予算などが出てきますがエージェント(不動産会社)選びは一番重要になると思います。

どんな会社なんだろうか?

言葉は大丈夫なんだろうか?

心配になる方もいらっしゃるかと思いますので、弊社のご紹介を少しさせて頂きたいと思います。

 

まずは日本の会社からご紹介させて頂たいと思います。

日本にも会社があるの?と思われるかもしれませんが、

弊社は100%日系の会社で、日本の会社は2006年創業の「株式会社プロポライフグループ」と言います。

不動産開発、リノベーション事業、売買・賃貸、不動産管理、設計、建築、木材建材の製造、飲食、ホテルなど現在は10社のグループ企業を束ねて不動産に関連する様々な事業を行っております。

リノベーション事業や不動産売買仲介事業を行っている株式会社クロニクルの店舗は全国に7店舗ございますので、どこかでご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。

私はベトナムでお会いした方に「日本で家を買った時は、御社の日本の会社でお世話になりました。そのようなご縁から海外で家を買うときも、御社へお願いしようと思っていました。」とのお声を頂戴したときは、非常にうれしい気持ちになりました。

 

弊社は、まずは駐在員事務所で進出し、2013年に会社を設立致しました。

お客様からの「ありがとう」を蓄積し、信頼が増えていくことでお客様からのご紹介を賜り、誠に感謝しております。

これからもその言葉を忘れず、一つ一つ丁寧な仕事を心がけていきます。

 

成長途中の国ということあり、まだまだ決まり事が少ないのでその都度確認しなければならない事も多く、デベロッパー様や地域によっても手続きが異なります。

安心のご提供の為に弁護士、会計資格者、不動産資格者、宅建取引士が在籍し、賃貸においてご入居後のサポートや、ご購入前から購入後の管理までサポート致します。

ベトナムでも日本でもお客様のお力になり、日々最新の情報をご提供出来ますように努めております。

 

ホーチミンで不動産のことならお気軽にご相談下さい。

インターネットや他社サイトなどで気になる物件があった際もお気軽にご相談下さい。

 

投稿者:正木雄太

 1 2 3   最後