トップページ / ベトナム労働許可証

ロータスサービスでは、働く方の安心もサポートしております。

ロータスサービス事業部
労働許可証・レジデンスカード

労働許可証取得・免除申請・更新

労働許可証の取得、免除申請、更新、レジデンスカード、家族付帯ビザもサポート実績豊富なロータスサービスにご相談下さい。

引き続き取得希望時期の2ヶ月前くらいにご相談下さい。
幣サービスでは、経験豊富な日本人担当者とベトナム人弁護士で申請前の書類取得段階、書類作成段階からサポートしており、提出時の正確な情報を基にご提案をさせて頂いております。

労働許可証は、ベトナムにおいて外国人が働くために必要になります。
労働許可証もしくは免除を取得しますとレジデンスカード(短期滞在許可証/2年のマルチビザ)の取得もできます。

今のところ管理者、技術者、専門家の3つのカテゴリーについて変更はありません。また取得手続きではなく、免除申請手続きになる方もいらっしゃいます。※1

当局への提出書類の内容に1部変更が発生しており、経験についてのヒアリング内容に変更が出ております。

【労働許可証カテゴリー】

- 管理者(投資家、代表者)
- 技術者
- 専門家

【労働許可証取得必要書類】

- 雇用者のライセンス公証
- 専門家証明書公証
- 任命書(在籍1年以上、転籍の場合)
- 無犯罪証明書外務省認証
- 申請者の専門性、技術レベル、大学卒業を証明書外務省認証(必要に応じて)
- 指定病院健康診断書
- 写真

上記書類を全てベトナム語翻訳します。
その上で申請書2種類を作成しましたら、サイン、捺印の上申請となります。
※現場で求められる書類が、常時変更になる可能性があり、特に2018年9月から申請書の内容に変更が生じております。それに伴い、専門家証明書の必要な内容が変わってきておりますので、取得される際の最新情報をご確認下さい。

レジデンスカード(一時滞在許可証)

レジデンスカードは、基本的に労働許可証を取得後に取れる2年有効のマルチビザになります。
投資家ビザは、出資者になられている方が取得可能なビザです。
必要書類からご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※レジデンスカードの返却をお考えの際は、返却に伴う新しいビザの取得方法など、状況により御説明しております。

【レジデンスカード取得必要書類】

- 労働許可証原本
- パスポート原本
- 顔写真 2枚 2cm X 3cm
- 会社ライセンス公証 1部
- ベトナム居住台帳のコピー
- NA6 (フォームがあります)