トップページ / ベトナムビザ

ロータスサービスでは、働く方の安心もサポートしております。

ロータスサービス事業部ベトナムビザ
出張ビジネスビザ・観光ビザ
アライバルビザ・レジデンスカード

ベトナムビザのお取り扱い実績2,500件超
割安な空港到着時に取得するアライバルビザもお取り扱い
カードでのお支払いも可能です

ベトナムビザをお取り扱いしております。

幣サービスでは、日本人の方がご利用になられることが多い、観光、ビジネス、駐在員事務所、レジデンスカード、家族帯同ビザなどベトナムビザのお取り扱いを行っております。

※2018年8月より南部もビザの取り扱いが大幅に変わりました。現在も費用だけでなく必要書類なども変更が続いております。落ち着くまでは、常時変更が起きますので、最新の情報をご確認下さい。
※現在ベトナムに入国する際は、日本人向けへの緩和措置30日ルールとしまして、ベトナム入国の際に入国から15日以内の出国エアチケットを持っていれば、ビザなしで入国して15日間まで滞在が可能になっております。

ビジネスビザ(DN)・駐在員事務所ビザ(NN2/NN3)

3ヶ月マルチ、3ヶ月シングル、1ヶ月マルチ、1ヶ月シングルがあります。
ビジネスビザは、ベトナム国内での更新ができること、レジデンスカードへの変更が可能になります。
ビジネスの必要がない方は、観光の方が割安ですでそちらをご利用下さい。
*2018年8月20日から長期ビザの発給は停まったままとなっています。
*現在更新は可能ですが、最新詳細状況はお問い合わせください。

観光ビザ(DL)

85日マルチビザ、85日シングルビザ、85日シングルビザがあります。
ビジネスビザの必要がない場合はこちらをご検討下さい。

*短期滞在の方、ホーチミンを一時経由されるだけの方は観光ビザで大丈夫です。
*国内更新は厳しくなっております。

アライバル(空港到着時)のビザ取得について

アライバルビザとは、ホーチミン市のタンソンニャット空港など国際空港に到着し、入国検査を受ける前のビザ発行カウンターで発行してもらうビザになります。(各国のベトナム大使館でも可能です。)
1度国外に出られるご予定がある方は、アライバルでのビザ取得の方が費用面もお得ですのでこちらをご利用下さい。
お申し込みにはパスポート・カウンターで提出する書類作成代金を弊社までお持ち下さい。
約5日でタンソンニャット空港ビザ発行カウンターに申請する際の申請用紙、記入見本、場所の案内図、ビザが登録されている書類の4点をメールでお送りさせて頂きます。
全てプリントアウトして頂き、書類を記載し写真を張り、パスポートとビザ発行代金を窓口に提出して頂くと取得できます。
*申請用紙には4×6の写真が必要になります。
*必ずメール受信できて、プリントアウトできる環境にいて頂くのが条件になります。

レジデンスカード(一時滞在許可証)

レジデンスカードは、基本的に労働許可証、免除を取得後に取れる2年のビザになります。
注意点としましては、労働許可証申請の際にはパスポートの残存期間にご注意下さい。

【レジデンスカード取得必要書類】

-労働許可証原本
-パスポート原本
-顔写真 2枚 2cm X 3cm
-会社ライセンス公証 1部
-ベトナム居住証明書
-NA6 (フォームがあります)
-NA8 (フォームがあります)

家族帯同ビザについて

ビジネスビザ、駐在員事務所ビザ、レジデンスカードビザに緋もづいた家族帯同ビザを取得することができます。
例えばご主人様のビザに奥様、お子様の帯同ビザの発行が可能です。
レジデンスカードに緋もづいたビザを取得すると最大1年から2年のビザの取得が可能になります。

【取得必要書類】

-ビザを持っている方のパスポート
-ビザを持っている方のビザ、レジデンスカード写真部
-ビザを持っている方のお勤め先のライセンスコピー
-ビザを取得したい方のパスポート
-戸籍謄本(家族全員分の写し。翻訳致します)
-ビザを取得したい方の顔写真 2枚 
-ベトナム居住証明書
-申請書(上記書類に基づいて申請書をお作りします。サインは会社の代表者となります。)

アライバル(空港到着時)でのビザ取得について

アライバルビザとは、ホーチミン市のタンソンニャット空港など国際空港に到着し、入国検査を受ける前のビザ発行カウンターで発行してもらうビザになります。
ビジネスビザ、駐在員事務所ビザ、レジデンスカードに緋もづいた家族帯同ビザの取得も可能です。
(空港以外にも各国のベトナム大使館で受け取れる書類をお作りすることも可能です。)

申請する際の申請用紙、記入見本、場所の案内図、ビザが登録されている書類の4点をメールでお送りさせて頂きます。
全てプリントアウトして頂き、書類を記載し写真を張り、パスポートとビザ発行代金を窓口に提出して頂くと取得できます。
*アライバルでのビザ取得が、割安でお勧めです。
*2018年8月よりベトナム国内更新が厳しくなってきております。
できる場合も費用が高くなっておりますので、2018年10月現在は、1度国外に出て、アライバルでビザを取り直すのがお勧めとなっています。
*必ずメール受信できて、プリントアウトできる環境にいて頂くのが条件になります。